課題


ネットゼロエ ミッションに向けて 真の インパクトを 生み出すには、 「当然のこと」を 超えて 考える必要があります。意味ある解を 発見することができるのは、 重要 かつ 定性的な 洞察と システム全体の 分析だけであり、 現在の 努力だけでは 不十分なのです。 今行われている 漸進的な 改善ではなく、 事業を 推進するためには、 根本的な サステナビリティの 革新が 必要です。

当社の アプローチ


ケンブリッジコンサルタンツの アプローチは、 伝統的な エンジニアリング分析と、 AI、 バイオイノベーション、 ライフサイクル思考、 使用材料、 循環型経済アプローチなどの 新技術や 最先端の 開発を 融合させたものです。 国連の 「持続可能な 開発目標 (SDGs)」などの 既存の サステナビリティ フレームワークを 利用することも可能ですし、 お客様の 事業要件に合わせて サービスを カスタマイズすることも 可能です。 いずれの場合も、 ネットゼロ エミッションへの 道を 抜本的に 前進させる 事業戦略、 画期的な技術、 斬新なプロセスを 提供いたします。

「ネットゼロ」製品の 発見

本ホワイトペーパーでは、 持続的 かつ 多次元的な 事業成長が もたらす 潜在利益を検証し、 製品レベルだけでなく システムレベルでの 本質的な イノベーションを 推進するために、 なぜ システム全体の マッピングが 必要なのかを 明示します。

サステナビリティに向けた 事業適応


構築、評価、変革


サステナビリティ、ネットゼロエミッション、循環型経済の必須条件に合わせて行動を変革することは、真に世界をリードするビジネスを創造する機会となります。しかしそのためには、製品やサービスの販売という既存の枠をはるかに超え、ビジネスのインプットとアウトプットのライフサイクル全体を 深く定量的に分析する必要があります。システム全体を詳細に調査してはじめて、収益源を特定することができます。

社会、環境、経済というトリプル ボトムラインの観点から検証することで、すべての主要なステークホルダーを考慮することができます。そして、特定された持続可能性の目標を満たすイノベーションに、事業要件が確実に組み込まれます。

ネットゼロを 目指して ~ アグリテックは 二酸化炭素回収に 対応できるか?

他の産業で 実証済みの 最新技術を、 最新の データサイエンスと 組み合わせることで、 いかに 経済的に 実行可能な方法で 炭素吸収量を 測定することが できるでしょうか。

世界を救う イノベーション コンセプトを 日本企業が 共創

国連が掲げる SDGsは、 今日企業が直面している 最も重要 かつ チャレンジングな 課題の一つです。 一方で、 革新的 イノベーションにより 解決を 目指す 具体的な 目標とも 考えられています。 ケンブリッジコンサルタンツは、 同じく SDGsを ビジネスチャンスと捉えている 日本を代表する 企業とともに、 斬新な アイデアを 具体的な成果に 昇華させるべく 『イノベーション カタリスト プログラム(ICP)』を 開催しました。 

テクノロジーがソリューションの一部となる

貴社は正しい目標を設定していますか?

循環型 経済


持続可能な活動の推進


「作る、使う、捨てる」という既存のリニア型経済から、「使用中の資源の寿命を延ばす、寿命が近づいたら再利用できる原料を抽出する、再生する」ことを目指す循環型経済への移行は、もはや待ったなしの課題です。市場における基本的な原則やアプローチから、製品開発やデザインの根本的な見直しまで、ビジネスのあらゆる要素に根本的な変革が求められます。

循環型経済の 原則は、 従来の 製品開発サイクルよりも 広く適用することができ、 企業の 持続可能な活動を 促進する、 幅広い 機会への アプローチを 構造化することができます。

気候変動を解決する もう一つの方法

持続可能性における 業務の一環として、 当社は 炭素の価格設定と 課税における 世界的な 取り決めの 重要性と、 お客様への 影響について 検討し、 新たな知見を 見出しました。

製品や サービスを 提供する企業は、 予想よりも早く 炭素隔離による 新たな収益を 得ることになるでしょう。 世界全体の CO2排出量削減目標は 長期的なものですが、 ビジネスチャンスは 今広がりを 見せています。

電子廃棄物から 価値を 取り出す

電子機器の 廃棄物 (E-waste)は 年々増えています。 その中に 埋もれている 貴重な素材の 回収は、 今後 ますます 重要になってきますが、 この作業は 手作業で行われているのが 現状です。

エネルギー社会を 塗り替える


発電と電力利用の理解と最適化


社会を低炭素経済に、究極的にはゼロカーボン経済に適応させるためには、既存のエネルギー源のほとんどを根本的に見直す必要があります。

発電、送電、電力消費。これら全てにおいての過程理解し最適化する技術が必要です。

分散し変動するエネルギー生成と貯蔵のネットワークは、適応性のあるアクティブな管理を必要とします。これにより、エネルギー生成と分配の中央集約的でピーク需要主導型の考えから、より細かいレベルで需要と供給を一致させるローカル適応型ネットワークへと移行します。

エネルギーの生成や貯蔵の方法に幅広いアプローチを取り入れることで、エネルギー社会の複雑さが増すものの、エネルギー弾性の向上にもつながります。

建造物の 性能を 変える デジタルサービスの 革新

本ケーススタディでは、 世界的な 関心事である CO2排出量を背景に、 お客様との 強いパートナーシップに 基づいた デジタル サービス革新の 進め方を ご紹介します。

建築環境の クリーンテックを 専門とする レッドバーン社と協業し、 あらゆる建造物に 熱試験を 実施することができる、 画期的な デジタルサービスを 開発しました。

新型コロナウイルス感染症からの経済回復と、2021年の気候変動に対応するには?

中東は 21世紀の エネルギー転換の 鍵を握る 地域です。 事業転換を求められる 企業が これほどまでに 多くある地域は、 世界中の どこにも ありません。 生活水準を 向上させつつ、 経済全体を 石油化学製品から 切り離さなければならないのです。 安全かつ 公正な移行は、 全人類の 責任でもあるのです。

家庭用エネルギーの 新たな提供方法を 模索

気候変動が 地球上の 生命を 脅かしている今、 人類は 創意工夫をもって この緊急事態に 立ち向かわなければなりません。 こうした思いから、 当社は 家庭で使うエネルギーを 節約する 管理システム、 ホーム エネルギー・ マネジメント システム (HEMS)の 開発に 貢献しています。

本プロジェクトでは、 消費者の エネルギー使用状況、 建物や 暖房システムの 性能を 把握し、 低炭素経済に 適した 新しい エネルギーサービスの 検証と 開発を 行いました。

数多くの 実績に基づき、 多岐にわたる マーケットに 変革をもたらします。

産業における バイオイノベーション


未来はどうなるのか?


製造ツールとしての生物学は、次の「産業革命」とも言われています。遺伝子編集や有向性進化などのバイオイノベーションツールは、生物学的システムを用いてのみ実現できる、コントロールされ、予測可能かつ持続可能な材料製造とリサイクルを実現します。

バイオイノベーションにより、医薬化合物、工業用酵素、包装材などの、幅広い産業分野で特殊な性質を持つ「最適化された」材料が製造可能となりました。生物学的なアプローチは、プラスチックのリサイクル、ファッション、医療機器などの新たな用途にますます必要性が高まり、機能性とサステナビリティの両方を推進しています。

長期的には、生物学を応用したマクロスケールでの建築および産業用の材料生産の可能性があります。

開発チーム



Thumbnail
シニア・サステナビリティ・コンサルタント
Thumbnail
サステナビリティ・イノベーション部 
責任者
Thumbnail
バイオイノベーション事業開発部 
責任者
Thumbnail
スマートインフラストラクチャ部 
責任者
Thumbnail
メドテック・ディレクター
Thumbnail
アソシエイト・テクノロジー・ディレクター
Thumbnail
プロジェクト・マネージャー
Thumbnail
メディカル・テクノロジー・
シニアコンサルタント

技術・ツール・設備


共創&コワーキングスペース
 

共創・コワーキングスペース

協業体制を重視したアプローチをとり、お客様と力を合わせて課題に取り組むことができる、共創スペースを用意しています。オフィスの至る所にあるクリエイティブスペースは、ブレインストーミングやワークショップの場を提供しています。インパクトがありユニークで、かつ意味のあるユーザー体験の開発に向けて、デザイナーの創造性を高めます。 

Test labs
 

開発・テストラボ

当社は、プロトタイプ向け少量生産工場を含め、100,000平方フィートにおよぶ広大なラボを、英国と米国に有しています。プロトタイプ開発からデザイン検証、そして投薬デバイスの分析テストが可能な、ライフサイエンスラボも有しています。研究環境が整った当社のラボには、レーザー回折、高速ビデオ、生体外試験装置、計測、顕微鏡検査、加力試験装置が備わっています。

ケンブリッジ コンサルタンツは、 不可能を 可能にする お手伝いをいたします