インパクト


カスタム センサー 開発

既製の センサーは、 機能や 価格帯が 多岐にわたっていますが、 状況によっては 新しいタイプの 測定方法や 製造方法が 必要になることもあります。

ケンブリッジ コンサルタンツの カスタムセンサー開発は、 超過酷な 環境向けの 高信頼性 センシングから、 低コスト、 低電力の 消費者向け デバイスまで、 あらゆるものを カバーしています。

多様な技術

幅広い専門知識と、 特定技術に とらわれない アプローチで、 当社は あらゆる種類の センシングに 対応し、 目の前の 課題に 最適な ソリューションを 選択します。 センシング分野では、 物理モデリング (数値流体力学や 有限要素法)、 新しい センシング原理の 分析、 ロボット工学農業産業向けの 革新的な マシンビジョン および 機械学習システムの 開発などを 行っています。

高性能で 低コストの センサー

安価で 強力な マイクロ コントローラーや GPUが 利用できるように なったことで、 CMOSカメラや 加速度センサー、 磁気センサーなどの 汎用品から 得られる価値が 格段に 向上しました。

確立された 価値を 生み出す エンジニアリング設計と、 新しい DSP アルゴリズムを 使用して 、より多くの データを 抽出することにより、 コストを 削減しながら、 パフォーマンスを 大幅に 向上させることができます。

実績


伝統から最先端まで

当社の センシングにおける 実績は、 古典物理学と 電子工学から 最新の 深層学習技術にまで およびます。 これは、 最終製品を 効率的で 競争力の あるものにするための、 物理的・ 事業的な 原則を 熟知していることに 裏打ちされています。

当社の センシング部門は、 米国ボストンと 英国ケンブリッジの オフィスを 中心に 活躍しています。 ボストンオフィスは メカトロニクスに関する 深く 優れた スキルを有し、 ケンブリッジオフィスは アルゴリズムと 大規模システム統合を 専門としています。

技術・ツール・設備


光学ラボ
 

光学ラボ

光学ラボでは、複雑で高精度な光学レイアウトを構築することができ、一般的に実装前のプロトタイプ設計や新技術の検証に使われます。ハイパワー(クラス4)レーザー加工用の設定可能なインターロック制御エリアを備えた6台のハイスペック光学ベンチと、干渉法、分光法、低ノイズ蛍光画像法、そして光子計数のための専門設備を備えています。ひとつのスペースを別々のレーザー制御エリアに分割することにより、複数の実験を同時に行うことができます。そのため、装置の台数にとらわれることなく創造的なソリューションを開発することができるのです。

食品・飲料ラボ
 

食品・飲料ラボ

安全な食品・飲料のシステム開発で要求される、個別条件を満たすために設立された専用ラボを備えており、新製品を社内で開発・検証するために必要なプロセスと設備が整っています。科学的で定量的な検証は、科学主導によるイノベーションアプローチの基本です。しかし、最終的には味覚試験が必要となります。このため、このラボは飲食が許可されているどころか、必要不可欠となっています。 

ケーススタディ


ケーススタディ

スマート熱測定『ベリサーム(VeriTherm)』

建築性能を変革する、デジタルサービスイノベーション

Axsis
ケーススタディ

コンセプト - 超小型手術支援ロボット“AXSIS”

Axsisは 高度な 知能を 備えた ロボット設計の 可能性を 実証しています。 そのロボットは 既存の システムよりも 大幅に 小型化しながらも 飛躍的に 機能性が 増しています。

ニュース&インサイト


調査レポート

ネットゼロの推進 - 二酸化炭素回収に農業技術は対応可能か?

2021年 03月 30日

農業を支える規制や補助金制度は急速に変化しています。さらに、土壌の健全性やネットゼロ、自然的価値の高い農地の維持などの懸念が、ますます世間の注目を集めています。 

  • AI・アナリティクス
  • デジタルサービスの 革新
  • 光学
  • 物理学
  • センシング
  • 信号処理
プレスリリース

ケンブリッジコンサルタンツ、新発想の自動運転向けAIシステム『エンフューズネット』を開発

2020年 07月 16日

~ 低解像度データから距離を予測し、自動走行の大衆化を加速する技術 ~~ 低解像度データから距離を予測し、自動走行の大衆化を加速する技術 ~

ホワイトペーパー

患者モニタリングシステムの未来

2019年 11月 19日

患者管理にはモニタリングが不可欠です。モニタリングで得られる断続的かつ継続的な情報は、様々な用途で使用されます。病態を明確にしたり、治療方法を患者さんや関係者に説明したり、その後の治療が順調かどうか判断したりすることができます。

  • AI・アナリティクス
  • コネクティビティ・IoT
  • デジタルヘルス
  • デジタルセキュリティ
  • デジタルサービスの 革新
  • ヒューマンファクター
  • 製品の実現
  • センシング
  • ユーザー エクスペリエンス (UX)
ホワイトペーパー

運転席にはAIが座る

2020年 06月 29日

先進運転支援システム(ADAS)は、自動車市場で最も急成長しているテクノロジー分野で、2018年には推定240億ドルの価値があり、2025年には920億ドルまで達すると予測されています。本ホワイトペーパーでは、ADASの普及に向けたビジネス上の問題と技術的な課題を検証し、ミドルクラスの自動車に半自律型機能を提供するためのロードマップを提示しています。  

  • AI・アナリティクス
  • コネクティビティ・IoT
  • 電子機器・ASIC
  • センシング
  • 信号処理
  • 戦略的 アドバイス