インパクト


ケンブリッジコンサルタンツでは、 セキュリティは 単に それだけを 対処すべき問題ではないと 考えています。 適切な セキュリティソリューションは、 ビジネスを 成長させる 弾みになるからです。

ビジネスの 差別化要因

最新の テクノロジーを用いて、 製品や コネクテッド・ サービスに対する お客様の信頼と ロイヤリティを 高めることで、 セキュリティは ビジネスの 差別化要因となります。 当社は、 最新鋭の テクノロジーで 機密性を保持する データ処理ソリューションを提供し、 革新的な ビジネスモデルを 実現します。 また、 説明可能な セキュリティコンセプトを 採用しているため、 お客様の 顧客は そのメリットを 理解し 評価することができます。

当社の専門知識は、 幅広く応用されています。 例えば、 新しい 顧客体験を 可能にする ウェアラブルの開発、 新たなビジネスモデルである フリートマネジメントシステムの強化 などがあります。 また、 その場での 医薬品の 認証を可能にし 消費者の 信頼を得るなど、 未開拓の 可能性があります。

可能性の 再定義

当社では、 進化するニーズと 新たな脅威に対応する、 斬新な セキュリティソリューションを 提供します。 それは、 学界や 他のテクノロジーリーダーの 最新の考え方を 適用していることを 意味しています。 企業間競争に先んじ、 当社は 世界最新の テクノロジーへの 理解を深め、 新たな イニシアチブを 開発するために 多額の 社内投資をしています。 最近の事例は 以下の通りです:

● 連続的可変の 量子鍵配送(QKD)の テスト

● コンピュータログなどの 解析に AIを適用

● ホモモルフィック暗号化(準同型暗号化)の 研究

● 量子コンピュータの 課題に対応する ソリューションの開発

複雑性における ソリューション


コネクティビティには 複雑性が伴います。 例えば、 スマートシティや 自律走行車を 実現するために必要な 複雑性を 考えてみてください。 こうした 「システムの中のシステム」の セキュリティを 構築するという課題に 取り組むことは、 コンサルティング業務の 醍醐味でもあります。

複雑性の 管理

当社の役割は、 お客様のビジネスを 継続的 かつ 安全に 運営するために不可欠な、 セキュリティの課題を 解決することです。 セキュリティ技術が 何を実現できるかを、 20年以上におよぶ 経験の裏付けから 的確に理解し、 お客様に アドバイスを 提供しています。 このアドバイスを活用し、 セキュリティリスクを 軽減するための 正しい 投資判断が 可能になります。

当社は、 スマートインフラストラクチャ、 自動車、 防衛、 産業用オートメーション、 さらに IoT対応ビジネスの セキュリティを確保すべく、 幅広い種類の 業務システムに 対応しています。

エッジの安全性確保


どのようなシステムでも、 ネットワークの エッジにある デバイスは、 システムの中で 最も脆弱である場合が多いです。

消費電力と コストが重視される 場所

パワー・バジェットが 極端に少なく、 コストを 非常に 細かく 計算する 必要がある場合でも、 当社の専門知識により 最も 安全なデバイスを開発し、 お客様の 市場における デジタル変革を 実現します。

当社の手がけた 実績の一部は以下の通りです:

● 安全な クレジットカード技術を用い、 電力需要を 最小限に抑える スマートメーター

● Wi-Fi および 4Gによる 無線通信が可能な 携帯医療機器

● コイン電池で 1年間動作する 車載用 テレマティクス

● 世界で 最も 消費電力の低い スクリーン付き ウェアラブル機器での 非接触型決済

堅牢な 設計による 安全の 確保

堅牢な システム設計により、 デジタル・ セキュリティ・ ソリューションが 適切に 導入されます。 当社の 正式な 設計プロセスは、 設計、 実装、 使用時に 製品の リスクと 脆弱性に 対処することにより、 システムの セキュリティを 確保します。

これには、 セキュリティ要件の 定義と 全体的な 戦略の設定、 セキュリティ・アーキテクチャと システムデザインの定義、 規制や 法律への 準拠を確認するための テストなどが 含まれます。

医療システムの場合、 米国HIPAA法 (医療保険の 携行と 責任に関する 法律)や、 ISPE(国際製薬技術協会) 発行の 自動化製造実践規範(GAMP)が 含まれます。

デューディリジェンス

セキュリティソリューション市場は、毎年2桁台の成長を続けていることを投資家は認識しています。市場には新しいアイデアが溢れていますが、その中で定着し本当の意味での投資収益を得られるものは限られています。

当社が投資家に提供するデューディリジェンスのアドバイスは、テクノロジーと脅威の状況に対する深い理解に基づいています。将来を見据え、社会や 業界の動向を踏まえ、市場へのアドバイスを行っています。トレンドに対応し、セキュリティ市場における進化の在り方を理解しているため、どのような投資が最高のリターンをもたらす可能性があるかを把握しています。

認証とブランド保護

偽造品対策やブランド保護の最新テクノロジーを導入することで、お客様の顧客に自社製品であることを確信していただくためのソリューションを提供しています。この堅牢なアプローチは、販売時点での真正性をテストする新しい方法や、研究所基準まで含めて、広く適用されています。

当社は、消費財 医療機器 の両方に偽造防止機能を組み込んでいます。また、当社の統計的アルゴリズムの能力を用いて、高価値のオーディオコンテンツ用機密電子透かし技術や、特許取得済みの偽造防止デジタルコーディングスキームを開発しました。

デジタルセキュリティに関し 不安はありませんか?

当社の専門家ご紹介



Thumbnail
サム  パンフリー
デジタルセキュリティ部門長
Thumbnail
マーク  ドーン
企業&デューデリジェンス リーダー
Thumbnail
ジョン  エッジコーム
インダストリー&交通セキュリティ リーダー
Thumbnail
ロドニー  リチャードソン
メディカル・セキュリティ リーダー
Thumbnail
マーティン  クックソン
デジタルサービスイノベーション部門長
Thumbnail
マーク  イングランド
コネクティビティ・セキュリティ リーダー

技術・ツール・設備


AIインフラストラクチャ
 

AIインフラストラクチャ

社屋内に有するコンピューティングインフラストラクチャーでは、様々な選択肢の中からモデルのトレーニングとテストを迅速に行うことができ、より良い結果につなげることができます。

NVIDIA DGX-1 ディープラーニング スーパーコンピューターや、その他のGPU(Graphics Processing Unit)やFPGA(Field Programmable Gate Array)アクセラレートされたサーバーなど、ペタフロップ規模のコンテナ化された演算インフラを有しています。また、ペタバイト規模のローカルNetAppストレージ、個々のプロジェクト固有のクラウド、および当社独自の継続的インテグレーションシステムと統合されています。

共創&コワーキングスペース
 

共創・コワーキングスペース

協業体制を重視したアプローチをとり、お客様と力を合わせて課題に取り組むことができる、共創スペースを用意しています。オフィスの至る所にあるクリエイティブスペースは、ブレインストーミングやワークショップの場を提供しています。インパクトがありユニークで、かつ意味のあるユーザー体験の開発に向けて、デザイナーの創造性を高めます。 

Digital Greenhouse
 

デジタル・グリーンハウス

デジタル・グリーンハウスは当社のAI専用研究施設の名称です。高速かつ堅牢なセキュリティー環境下において、機械学習のアプローチの開発とテストを実施しています。本施設にはNVIDIA DGX-1 ディープラーニング・スーパーコンピューター、機械学習用のコンピューター群、ペタバイト規模のローカル ストレージ、数テラフロップス規模の計算能力が備わっています

ケーススタディ


ケーススタディ

オカド・スマート・ プラットフォームで実現した ワイヤレス ブレークスルー

世界中のオンラインスーパーに変革をもたらす、世界初の無線通信システムの設計

ニュース&インサイト


ホワイトペーパー

患者モニタリングシステムの未来

2019年 11月 19日

患者管理にはモニタリングが不可欠です。モニタリングで得られる断続的かつ継続的な情報は、様々な用途で使用されます。病態を明確にしたり、治療方法を患者さんや関係者に説明したり、その後の治療が順調かどうか判断したりすることができます。

  • AI・アナリティクス
  • コネクティビティ・IoT
  • デジタルヘルス
  • デジタルセキュリティ
  • デジタルサービスの 革新
  • ヒューマンファクター
  • 製品の実現
  • センシング
  • ユーザー エクスペリエンス (UX)
マーケットトレンド

リモートによるヒューマンファクターテストは、承認審査をクリアできるか?

2020年 06月 23日

遠隔による臨床試験(リモートテスティング)が、医薬品開発業界で話題になっています。新型コロナウイルスによるパンデミックが人類に提起した課題を考慮すれば、特段驚くことではありません。リモートテスティングは現実的に実行可能な選択肢であるものの、承認審査において問題はないのでしょうか?  

  • デジタルセキュリティ
  • ヒューマンファクター
  • ユーザー エクスペリエンス (UX)