Our expertise in physics, chemistry and materials science underpins everything we do.

Fundamental principles

Our knowledge of the structure and properties of different materials is used extensively in a variety of applications, from remotely monitoring tons of mining slurry to working with security inks on a molecular scale.

In particular, our fluidics and microfluidics expertise is crucial to many projects, from dispensing the perfect pint of beer to shaping the precise characteristics of sprays, foams and emulsions of all kinds. 

Key strengths



Micro-structural control in fluids
We understand the intricate behaviours of fluids and their interaction with physical surfaces, a vital factor in many of our beverage projects.
Structure-property relationships
Our knowledge of materials science ensures that all elements of a system’s design use the most appropriate materials.
Thermal properties
We’re particularly experienced in phase change materials and the handling of hot and cold fluids for beverage systems.

Tech, tools & facilities


Physical-science-labs
 

Physical science labs

A range of wet and dry labs which allow us to perform a wide range of physical science research and development. Specific equipment includes wet and dry benches, fume hoods, malvern mastersizer particle analysis system and UV-VIS spectrometer.

Facility_Agilent-GCMS
 

Agilent GC-MS

Our Agilent Gas Chromatography-Mass Spectrometer enables detection and chemical analysis of a wide range of organic substances down to parts-per-million levels or below. This highly specialised piece of analytical equipment allows us to determine the make-up of a very wide range of organic materials in solid, liquid or vapour form and investigate flavour and aroma chemistry.

光学ラボ
 

光学ラボ

光学ラボでは、複雑で高精度な光学レイアウトを構築することができ、一般的に実装前のプロトタイプ設計や新技術の検証に使われます。ハイパワー(クラス4)レーザー加工用の設定可能なインターロック制御エリアを備えた6台のハイスペック光学ベンチと、干渉法、分光法、低ノイズ蛍光画像法、そして光子計数のための専門設備を備えています。ひとつのスペースを別々のレーザー制御エリアに分割することにより、複数の実験を同時に行うことができます。そのため、装置の台数にとらわれることなく創造的なソリューションを開発することができるのです。

食品・飲料ラボ
 

食品・飲料ラボ

安全な食品・飲料のシステム開発で要求される個別条件を満たすために設立された専用ラボを備えており、新製品を社内で開発・検証するために必要なプロセスと設備が整っています。科学的で定量的な検証は、科学主導によるイノベーションアプローチの基本です。しかし、最終的には味覚試験が必要となります。このため、このラボは飲食が許可されているどころか、必要不可欠となっています。 

News & insights


調査レポート

ネットゼロの推進 - 二酸化炭素回収に農業技術は対応可能か?

2021年 03月 30日

農業を支える規制や補助金制度は急速に変化しています。さらに、土壌の健全性やネットゼロ、自然的価値の高い農地の維持などの懸念が、ますます世間の注目を集めています。 

  • 機械学習&AI
  • デジタルサービス
  • 光学
  • 物理科学
  • センシング
  • 信号処理
プレスリリース

ケンブリッジコンサルタンツとExact Imagingが前立腺ガンの検出にAIを活用

2018年 09月 6日

画期的なイノベーションを専門とするケンブリッジコンサルタンツは、マイクロ超音波プラットフォームExactVuTMを作ったExact Imagingと提携しました。

マーケットトレンド

ドラッグデリバリーデバイスの使い捨てを見直す時が到来

2020年 12月 9日

世界をよりサステナブルにすることは、誰しもが道徳上正しいと思っているはずです。しかし、医療機器など心身の健康や生活に直接影響を与える製品も同様に、サステナブルな製品開発を求めるべきなのでしょうか?

  • ヒューマンファクター
  • インダストリアルデザイン
  • 物理科学
  • 製品の実現
マーケットトレンド

吸入器のサステナビリティ向上に必要なロードマップ

2020年 11月 20日

サステナビリティ(持続可能性)は全ての業界で取り組まれるべきテーマであり、医療分野も決して例外ではありません。吸入器の環境負荷低減に注目が集まってきていますが、世界中の何百万人もの人々にとって吸入器は必要不可欠なものであるだけに、問題解決はとても難題と言えるでしょう。

  • ヒューマンファクター
  • インダストリアルデザイン
  • 物理科学
  • 製品の実現

We can help you achieve the impossible