ネットゼロの達成や土壌の健全性、自然的価値の高い農地の維持など、差し迫った懸念に世間の注目が集まるにつれ、農業を支える規制や補助金制度は、急速に変化を遂げつつあります。本レポートでは、他の産業で実績のある最新技術と最新のデータサイエンスとを組み合わせることで、コスト的にも実現可能で、炭素吸収量を測定する方法について説明しています。 

今後、農業というビジネスは、従来の様な収穫量に応じた収入というモデルが変わっていきます。炭素隔離がその一例ですが、農業の仕組みを変えることにより達成可能です。 

炭素市場において極めて重要なのは、信頼できるセキュリティシステムの構築です。オフセットクレジットを購入した場合、購入分の炭素が本当に土壌に吸収されているのか、また、そもそも本当に実施されたかどうかを、どの様に確認すればよいのでしょうか?解決策となる技術は既に存在しています。本レポートの執筆者であるサイモン・ジョーダンは、科学とエンジニアリングの信頼性の高い方法で組み合わせることこそが、要であると解説しています。 

詳細はレポート(英語)をご確認ください。

レポート(英語)をダウンロード

Media downloads

Driving Net Zero – Is agritech ready to capture carbon - ENGLISH.pdf
執筆者
Simon Jordan
Head of Industrial Sensing