バイオマニュファクチャリングにおけるプロセス開発にはコストと時間がかかります。バイオリアクターのスケールダウンモデルは、実用的かつ経済的な規模で様々な条件でのプロセス開発を可能とします。小型容器は自動化に適していて、ハイスループット実験が可能となるためです。しかし、バイオリアクターは製造に使用される大型容器とは異なる形状をしているため、バイオプロセシングに不可欠となる要素(流体の挙動、振とう・ガスの移動の仕方など)が異なります。

要素の変化を直感的に理解することはできても、多くのケースで予測するのはとても困難です。そのため、堅牢で正確かつ再現性の高いプロセス開発ツールとしてスケールダウンモデルを使用することは大きな挑戦です。

本eBookでは、体系的で確実なアプローチにより、スケールダウンモデルにおける精度と再現性の課題にどのように対処できるかを探ります。

下記のフォームに必要事項をご記入いただき、eBookをダウンロードください。

eBookをダウンロード

Author
イアン テイラー
バイオイノベーション部、上席サイエンティスト