低電力とインテリジェンスが秘める可能性

半導体技術と機械学習アルゴリズムの進歩に伴い、エッジAIは様々なマーケットに大きなビジネスチャンスをもたらしています。

ローコストで低電力のインテリジェンスをエッジIoT(Internet of Things / モノのインターネット)デバイスに組み込むことにより、AIを活用した様々な新しい製品やサービスが実現しています。

これにより、エッジAIはクラウドを補完する役割を確立し、以下の課題を解決しています:

  • 遅延:クラウド処理への依存は、クラウドへの常時接続を意味します。エッジAIは、低遅延および安全性が最重要事項のアプリケーションでもAIの活用を実現させることができます。
     
  • プライバシー:エッジAIはデバイスで演算処理を行い、クラウドへのデータ転送を省くことで、プライバシーを重視するアプリケーションでもAIの活用が可能です。
     
  • 消費電力 / 費用:クラウドへの常時接続や連続動作が消費電力やコスト低減のボトルネックとなる現状に対し、エッジAIは超ローコスト、超低電力のデバイスを実現することができます。

本ホワイトペーパーは、より高いレベルのインテリジェンスをエッジで実現すべく、技術や戦略を探求している企業の皆様にとって必読です。

ホワイトペーパーをダウンロード

Media downloads

The-future-of-AI-is-at-the-edge-whitepaper.pdf
Author
ミカエル ガブリエルシック
リーダー / エッジAIグループ

AI、半導体、センシング、コネクティビティーにおける専門知識をエッジAIに応用し、最先端技術を用いて事業変革を目指すお客様の支援に尽力している。

m