医療業界では遺伝子・細胞治療(CGT)の製造プロセスの進化が極めて重要な課題となっており、大きな変革への機運が高まっています。遺伝子・細胞治療は未来の医療として広く認識されていますが、時間や手間、費用のかかる無菌試験によりイノベーションが妨げられています。本ホワイトペーパーでは、オンラインかつ常時監視のコンタミネーション検出システムのコンセプト“PureSentry”と、この重要なブレークスルーの舞台裏をご紹介します。

画期的なシステムにより、細胞治療失敗の原因となるコンタミネーションを完全自動で検出することで、現在の細胞治療よりも数桁低いコストを実現します。メーカーのコストを削減し、結果として患者へのより速やかな治療の提供を、前例のない規模で実現できるアプローチです。

ホワイトペーパー(英語)をダウンロードし、有益で包括的な開発ストーリーをご一読ください。迅速な微生物検出における事象ベースカメラのコンセプト実証ですが、インダストリー4.0の問題を解決するためにAIをどう適用するかの研究にも応用できると考えています。

本ホワイトペーパー(英語)のダウンロードをご希望の方は、以下フォームに必要事項をご入力ください。

ホワイトペーパー(英語)をダウンロード

Media downloads

PureSentry-Whitepaper.pdf
Author
マシュー ジョーンズ
上席合成バイオロジスト

弊社の上席合成バイオロジストで、バイオテクノロジーとエンジニアリングを掛け合わせたビジネスを行っているクライアント向けにプロジェクトを提供。また、セルフリー生物学や実験室の自動化、実験計画法などの社内能力の開発にも携わる。