世界中で技術革新は急速に進化を遂げています。5Gはコネクテッドビジネスの新時代を作り出し、AIとセンサーはマシンがインテリジェントな意思決定をする事を可能とし、デジタルサービスプラットフォームは新たな収益モデルによって、企業が収益性の高い市場へと進出する後押しをしています。企業が差別化により競争上の優位性を保つには、イノベーションが不可欠なのです。 

一方で、テクノロジーが日々進化を続けるからこそ、どのようなテクノロジーに投資すべきか、新たなテクノロジー分野でどの様なスキルを構築すべきか、最大のビジネスインパクトをイノベーションによって生み出すにはどうすればよいのかなど、課題は尽きません。

この様な課題を議論すべく、ケンブリッジコンサルタンツは、7月21日(水)にオンラインセミナー『未来のビジネスを創造 ~ 5Gとイノベーションが生み出す競争優位性』を開催いたしました。セミナーでは、未来を切り開くコネクティビティとインテリジェンスの活用法や、様々なテクノロジーを活用して実現するデジタルトランスフォーメーションとそこから生まれる社会価値のご紹介、またDXを加速するローカル5Gに関するパネルディスカッションが行われました。

 

登壇者:

  • 日本電気株式会社 新事業推進本部長 新井 智也 氏
  • ケンブリッジコンサルタンツ テクノロジー戦略ディレクター UK5G アドバイザリーボードメンバー ポール・ビーストル
  • ケンブリッジコンサルタンツ ワイヤレス&デジタルサービス事業部長 鈴木 健一(モデレーター)

 

セミナーの視聴をご希望の方は、以下フォームにご入力ください。

Author
鈴木 健
ワイヤレス&デジタル サービス事業部長

日系大手テクノロジー企業にて通信、企業ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI関連事業等、17年間に わたり担当。また大手多国籍医療機器メーカーにて、7年間高度管理医療機器(Class IV)の事業拡大に携わる。2019年にケンブリッジコンサルタンツに入社。主にワイヤレス、デジタルサービス、AI関連事業を担当。