Alexaはいくつかの主要市場で売上を伸ばしており、特に米国や英国ではスマートスピーカー販売台数の約65-70%を占めています。子どもたちが遊べてみんなが参加できるため、親からの評判も良いです。そしてAmazonはこれに多額の投資をしています。

売上台数1億台
開発製造関係者1万人
1社が全てを統制?

これはAmazonにとって何を意味するのでしょう。そしてこれから先どうなって行くのでしょうか。

消費者向けテック市場の変化は早いため、Alexaは消費遍歴を知る機会であるだけでなく、Amazonの「オプションの有用性」の象徴にもなっています。メーカーやサービスプロバイダーはブランド、製品、サービスを競い、今では購買遍歴をも競っています。

マーケティングが製品体験の一部となってきています(それが「マーケティング」だとは思わないかもしれませんが)。これは対象を絞った、一人一人に合わせた、毎回承諾が必要な、取引モデルです。(つまり消費者が全ての体験を形作ることができるのです)。

Alexaに参入

ブサイトに行かなくても、AlexaやPrime会員制度がほぼ即時、無料で自宅(または手元)まで荷物を届けてくれます(参考:Amazon配達専用)に開発されたパッケージ)。消費者は、ストックを抱える煩わしさや今晩のおかずの材料があるか気にするストレスから解放されます。所有や消費に対する考え方全体が変わってきています。フルフィルメント(基本的な配達と返品)とAIを活用した認証(音声)をしっかりと統合させれば、Alexaはカテゴリーを越えた、承諾ベース取り引きの枠組みの中核となります。企業としては何をすれば良いでしょうか。

  • Alexaとの統合だけでなくその他の統合も含めUI戦略全体を考える。音声は凝集層だが、完全なUXソリューションではない。
  • センサーやマシンビジョンを活用したAIソリューションに情報提供するためのデータ戦略を立てる。
  • AIと共に一つ一つのハードウェアとソフトウェアのシナジー効果に優先順位を付ける。音声を発する人が今までにない行動を取れば、新しいユースケースやライフスタイルが生まれ、全く新しい価値を創出する機会が生まれる。
  • おそらく最も重要なことは、広い視野を持つことかもしれない。どのような未来を創出することができるか。「良い」ことにはビジネスの可能性があり、変化は速いけれどより持続可能な成長を方向付けるチャンスはある。

新しい状況により、製品ソリューションとは何かを考え直す必要が出てきました。先進技術の可能性が変革を起こします。

Author
Robin Ferraby
Business Manager - Consumer Products & Solutions

Helping brands create new markets and high value business.