Targeted droplet dispensing set to cut agricultural use of chemicals by more than 99%

A new generation of spray technology from product design and development firm Cambridge Consultants has the potential to dramatically reduce the use of chemicals in agriculture – saving farmers money and helping to protect the environment. The volume of weedkiller, herbicides, insecticides and fungicides applied to crops could drop by more than 99%.

Doing more with less is one of the biggest challenges facing agribusiness as the industry strives to meet the challenge of feeding an additional two billion mouths by 2050. Alongside the demand for increased food production, environmental and economic factors are driving a need to cut the amount of chemicals used on crops.

Cambridge Consultants has combined its microfluidics expertise from medical product development with machine vision algorithms to enable active chemicals to be applied only where they’re needed – even when farm machinery is moving at speeds of more than 25mph. The technology can instantly identify and target a specific leaf or bug from a height of 50cm.

A camera mounted on a tractor’s spray boom looks ahead at the crop and uses shape, size and colour to identify targets. They are then tracked as the vehicle approaches, the path and speed are calculated using probabilistic programming, and the position and timing details are passed to the dispensing system – which aims the nozzle and triggers the dispense valve.

“Just like clay pigeon shooting, the system has to ‘lead’ the target – the droplet has to be fired up to 50cm before the boom passes over the target,” said Niall Mottram, head of agrifood product development at Cambridge Consultants. “The droplet travels at five metres per second and takes one tenth of a second to hit the target. At full speed, the target passes under the nozzle in about three milliseconds.

“By targeting only specific foreign leaves or pests, the amount of chemicals dispensed is dramatically reduced – with drift and run-off virtually eliminated. The reduction of run-off is particularly crucial for the environment as it helps prevent ground water pollution by chemical pesticides.

“Our spray system design concept is the latest example of our creative application of cross-industry knowledge – something we’ve been practising for more than 50 years, developing breakthrough products for an enormous range of industries.”

Cambridge Consultants will be demonstrating its spray technology – along with its fruit-picking robotics innovation – at AgriTechnica, November 10-14, at the Messegelände in Hanover, Germany, hall 15, stand F13.

Notes to editors

ケンブリッジコンサルタンツは、画期的な製品開発、知的所有権の創出や供与、技術的な難題に対するビジネスコンサルティングを、世界中のお客様に向けて行っています。市場初となる製品の立ち上げや新規市場参入、新技術導入による既存市場の拡大など、お客様がビジネスチャンスを成功へと変えるお手伝いを60年以上にわたり継続してきました。英国ケンブリッジ、米国ボストン、東京、シンガポールに、エンジニアや科学者、数学者やデザイナーを含む900名以上のスタッフを擁し、医療技術、産業および消費者向け製品、デジタルヘルス、エネルギー、ワイヤレス通信などの多様な分野におけるソリューションを提供いたします。詳細はwww.cambridgeconsultants.com/jpをご参照ください。

ケンブリッジコンサルタンツはアルトラン(Altran)の一員です。 アルトランは、エンジニアリングおよびR&Dサービスにおいて広く認められた世界的リーダーであり、変革とイノベーションの課題に対応する独自の価値提案をお客様に提供しています。コンセプト創造から産業化に至るまで、アルトランはお客様が明日の製品やサービスを開発するサポートをいたします。35年以上にわたり、自動車、航空、宇宙、防衛および海軍、鉄道、インフラと輸送、産業と消費者製品、生命科学、通信、半導体と電子機器、ソフトウェアおよびインターネット、金融および公共部門など、様々なお客様を支援してきました。今日、アルトランは30か国以上に50,000人を超える従業員を擁し、コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション、テクノロジー&エンジニアリングサービスのグローバルリーダーであるキャップジェミニ(Capgemini)の中核を担っています。キャップジェミニ・グループはイノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年以上にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、一連のサービスを通じて、企業が目指すビジネスビジョンの実現を支援しています。キャップジェミニの信念は、「テクノロジーに関わるビジネス価値は人を通じて具現化される」ことであり、この信念こそが社の原動力となっています。キャップジェミニは、世界約50か国270,000人に及ぶチームメンバーで構成される多文化企業であり、アルトランを含むグループ全体の2019年度売上は、170億ユーロです。People matter, results count.(人にこだわり、成果にコミット。)アルトランの詳細はwww.altran.com をご参照ください。

資料ダウンロード

pr-pr15-029_spray1_v0.7.jpg, 7.5MB
pr-pr15-029_spray2_v0.7.jpg, 8.4MB
pr-pr15-029_spray3_v0.7.jpg, 6.9MB

メディア関係者連絡先

WE Communications

Matt
Urquhart