New system alerts physicians to bleeding complications during interventional procedures

Product design and development firm Cambridge Consultants has been selected by biomedical start-up Saranas to help develop an early-warning system for bleeding complications during interventional catheter-based procedures. The device is aimed at medical procedures requiring access to a blood vessel – such as transcatheter aortic valve replacements (TAVRs), where the femoral artery is used to gain access to the heart.

Although they avoid the need for open-heart surgery, vascular access procedures are not without risk. A sheath needs to be inserted into the artery as a conduit for the other equipment involved in the operation. Bleeding complications can arise during the initial access if the needle accidentally pierces the blood vessel. As there are no outward symptoms of the puncture, the patient can bleed undetected until a significant amount of blood is lost.

The new Saranas Observer System (SOS) uses electrical resistance to detect blood loss in real time and alert the physician. The system consists of a standard introducer sheath fitted with electrodes that measure the difference in electrical resistance across the blood vessel. If the artery is punctured, blood begins to accumulate outside the blood vessel – causing a change in the electrical resistance. The SOS is able to detect this change and alert the physician.

“Detecting a small bleed in an area where there is already a lot of blood is particularly challenging,” said John Genova, project director at Cambridge Consultants. “Our extensive track record of medical product development convinced Saranas that we were the right choice to take on the challenge and make the concept a commercial reality. Our cutting-edge technology development, coupled with our human factors and industrial design expertise, makes us a ‘one-stop shop’ for innovative start-ups such as Saranas.”

Until now, there has been no way to specifically monitor, in real time, access site bleeding complications. With the Saranas system, miniaturised electronics in the cardiac sheath will give the doctor an instant warning as soon as bleeding is detected.

“Our technology is a cost-effective solution that benefits the patient, the physician and the hospital,” said Michael Magnani, CEO of Houston-based Saranas. “In addition to being economically viable, the system is easy to use.

“We chose Cambridge Consultants as a development partner as it has all the skills we need under one roof – from mechanical engineering and wireless communications to human factors and industrial design. It even has a simulated operating room where physicians can test the technology in a realistic environment.”

Notes to editors

ケンブリッジコンサルタンツは、画期的な製品開発、知的所有権の創出や供与、技術的な難題に対するビジネスコンサルティングを、世界中のお客様に向けて行っています。市場初となる製品の立ち上げや新規市場参入、新技術導入による既存市場の拡大など、お客様がビジネスチャンスを成功へと変えるお手伝いを60年以上にわたり継続してきました。英国ケンブリッジ、米国ボストン、東京、シンガポールに、エンジニアや科学者、数学者やデザイナーを含む900名以上のスタッフを擁し、医療技術、産業および消費者向け製品、デジタルヘルス、エネルギー、ワイヤレス通信などの多様な分野におけるソリューションを提供いたします。詳細はwww.cambridgeconsultants.com/jpをご参照ください。

ケンブリッジコンサルタンツはアルトラン(Altran)の一員です。 アルトランは、エンジニアリングおよびR&Dサービスにおいて広く認められた世界的リーダーであり、変革とイノベーションの課題に対応する独自の価値提案をお客様に提供しています。コンセプト創造から産業化に至るまで、アルトランはお客様が明日の製品やサービスを開発するサポートをいたします。35年以上にわたり、自動車、航空、宇宙、防衛および海軍、鉄道、インフラと輸送、産業と消費者製品、生命科学、通信、半導体と電子機器、ソフトウェアおよびインターネット、金融および公共部門など、様々なお客様を支援してきました。今日、アルトランは30か国以上に50,000人を超える従業員を擁し、コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション、テクノロジー&エンジニアリングサービスのグローバルリーダーであるキャップジェミニ(Capgemini)の中核を担っています。キャップジェミニ・グループはイノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年以上にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略から運用まで、一連のサービスを通じて、企業が目指すビジネスビジョンの実現を支援しています。キャップジェミニの信念は、「テクノロジーに関わるビジネス価値は人を通じて具現化される」ことであり、この信念こそが社の原動力となっています。キャップジェミニは、世界約50か国270,000人に及ぶチームメンバーで構成される多文化企業であり、アルトランを含むグループ全体の2019年度売上は、170億ユーロです。People matter, results count.(人にこだわり、成果にコミット。)アルトランの詳細はwww.altran.com をご参照ください。

資料ダウンロード

pr-pr15-003_image1_v0.14_0.jpg, 0.9MB
pr-pr15-003_image2_v0.14_0.jpg, 1.1MB
pr-pr15-003_image3_v0.14_0.jpg, 0.8MB

メディア関係者連絡先

WE Communications

Matt
Urquhart