The drug-free approach for managing menopausal hot flushes

年を重ねるにつれ、生活や身体のさまざまな側面に変化が現れますが、テクノロジーの助けを借りることでその変化に順応し、より長く充実した生活を送ることができます。ケンブリッジコンサルタンツはこの点に着目し、加齢に伴う変化の一例として更年期障害に焦点を当てました。女性が経験する更年期障害について調査し、テクノロジーによる介入策を提案するため、Newcastle大学が主催するNational Innovation Centre for AgingおよびNewcastle 大学 コンピュータサイエンス学部のOpen Labと提携しワークショップを開催、一連のワークショップを通じて以下が明らかになりました。

  • ホットフラッシュと寝汗は、女性に身体的、精神的および社会的な影響を大きく与える。
  • 女性が症状に上手く対処するための新しいコンシューマ製品が早急に必要である。
  • 冷却品を搭載した薬に頼らないコンシューマデバイスは広く受け入れられた。これを受け、弊社は女性の自己管理を実現する「Pebal」というコンセプト製品を開発。

この製品は、弊社が幅広く取組む生涯に亘る健康および自身の健康と幸福のコントロールを実現するための技術のひとつです。更年期障害は自然な加齢の過程であるにも関わらず、未だにただの「女性の問題」にすぎないと見られることが多く、問題が軽視または疎外されがちで、技術開発者たちに注目されることもありませんでした。更年期の80%の女性が昼間または夜間にホットフラッシュを経験し、それは平均7年間続きます。

ケンブリッジコンサルタンツ、National Innovation Centre for AgingおよびNewcastle大学のOpen Labは共同で3つのワークショップを開催し、弊社社員とNewcastle大学の職員、そして一般の方々から女性が参加しました。ワークショップでは、更年期のホットフラッシュの影響を理解し、女性が現在どのようにその症状に対処しているかを探り、症状を軽減する自助技術の機会を確立することを目的としました。出席者たちは、今後の生活への大きな影響に対して何の準備もできないまま更年期を迎えたと報告しました。ホットフラッシュは予測不可能で、突然やってきて仕事や夜の睡眠を妨げます。女性たちはこのホットフラッシュに対処するため、HRTなどの薬の服用、生薬や冷却枕の使用など、さまざまな策を取ってきましたが、ホットフラッシュの症状への対処は難しくどうにもできないものという感覚を持っていました。出席者の一人の女性は、「ホットフラッシュに生活を乱されてイライラします。疲れるし、生活の質に深刻な影響を及ぼしています。」とコメントしています。

弊社はホットフラッシュ対策として、オンデマンドな瞬間冷却デバイスの初期コンセプト提示しました。冷却消耗品を搭載したデバイスが氷を肌に乗せたかのような瞬間的な暑さしのぎを提供するものです。

ワークショップのフィードバックから、このようなデバイスには強いニーズがあり、手首に付けるデバイスよりも主に胸、顔、首などの身体のどこにでも付けられるような単独の製品を女性たちが必要としていることが分かりました。

このインサイトに基づき弊社は瞬間冷却効果をもたらすコンセプトデバイスPebalを開発しました。Pebalは、目立たず、必要なときに症状を緩和し、更年期障害を煩う女性の不安を取り除き、自己管理を可能にします。ホットフラッシュの始まりを感じたらPebalの大きなボタンを押すだけで、少量のクーラントがメタルプレートの内面に放出、これにより冷却された外面を身体の必要な場所に当てます。Pebalは柔軟性があり手のひらサイズで、好きな場所に当てることができるようデザインされています。コンパクトなサイズなので外出先、家、職場など人目を気にせずどんな場所でも使用することができ、表面の繊細なディテールにより肌触りの良い快適な着け心地を実現します。また、充電の必要がないため、デバイスをいつでも利用することができます。

弊社は、クライアントと共に、更年期障害を抱える女性やその他の加齢に伴う変化に対するニーズを満たす製品を更に開発していきたいと考えています。

Newcastle大学National Innovation Centre of AgeingのMichael Catt教授は次のようにコメントしています。「年を取っても質の良い生活を送るためのサポートの機会を見つけることがNational Innovation Centre for Agingの主眼とするところです。Open Labと提携して行ったアイディアの探求によりPebalのコンセプトが生まれ、更年期障害を抱える多くの女性に希望を与えました。ケンブリッジコンサルタンツをサポートし、これを実現できたことをうれしく思います。今後も生涯を通じたより良い健康と幸福に貢献するため協力していきたいと思います。」

ケンブリッジコンサルタンツのLifelong Health部門シニアプログラムリーダーNicola Millarは「Pebalは始まりにしか過ぎません。我々は、老化プロセスを深く理解し、人々の生活を向上させるために本当に必要なものについて意見を聞き、自己健康管理のためのサポートを行います。健康を長く維持する可能性を最大限にするために正しい人生の選択を行うサポートをすることが、人々の生涯に亘る健康に繋がります。弊社は、加齢に伴う変化をサポートする製品およびサービスを更に探求していきます。」と述べています。

ワークショップのレポートは以下より入手いただけます。
Visit: cambridgeconsultants.com/menopause

Notes to editors

Cambridge Consultants develops breakthrough products, creates and licenses intellectual property, and provides business consultancy in technology-critical issues for clients worldwide. For more than 50 years, the company has been helping its clients turn business opportunities into commercial successes, whether they are launching first-to-market products, entering new markets or expanding existing markets through the introduction of new technologies. With a team of more than 800 staff, including engineers, scientists, mathematicians and designers, in offices in Cambridge (UK), Boston (USA) and Singapore, Cambridge Consultants offers solutions across a diverse range of industries including medical technology, industrial and consumer products, digital health, energy and wireless communications. For more information, visit: www.CambridgeConsultants.com

Cambridge Consultants is part of Altran, a global leader in engineering and R&D services which offers its clients a new way to innovate. Altran works alongside its clients on every link in the value chain of their project, from conception to industrialisation. In 2015, the Altran group generated revenues of €1.945bn. With a headcount of more than 27,000 employees, Altran is present in more than 20 countries. For more information, visit: www.altran.com

National Innovation Centre for Ageing. Set up in 2014, the National Innovation Centre for Ageing is a world-leading organisation, created with a £40 million investment from UK Government and Newcastle University. Our vision is to create a world in which we all live better, for longer by leading on innovations that improve all aspects of life for our ageing societies. The National Innovation Centre for Ageing will work collaboratively and provide a dynamic environment within which multiple stakeholders can come together to share knowledge, ideas, experience and innovation. By bringing together world-leading scientists with industry, health and care providers and the public, the National Innovation Centre for Ageing will help co-design, develop, test and bring to market products and services, which enhance and improve quality of life as we age.

Open Lab. Open Lab is a human-computer interaction, social and ubiquitous computing research group in the School of Computing at Newcastle University. The academics, post-doctoral researchers and PhD students who make up the group come from a wide range of academic disciplines, including computer science, electrical engineering, fine arts, psychology, sociology, education, clinical sciences and design. We have a particular expertise in the configuration and conduct of cross-disciplinary research and application of digital technologies to real-world problems ranging from health and social care, to the creative industries, education and local democracy. At the heart of all our research, though, is a commitment to the experience-centred and participatory design of digital technologies that enhance rather than diminish our experience of the world.

Media downloads

Pebal.jpg, 0.3MB

PRESS CONTACTS

Cambridge Consultants

Richard
Leyland
Public Relations Manager
Cambridge Consultants

European agency

Josh
Salisbury