A recipe for responsible AI

ケンブリッジコンサルタンツが新たにレポートを発表し、通信業界が人工知能(AI)のパイオニアとなると述べました。これは5GネットワークやIoTネットワークの機能の多くが、その可能性を最大限広げるためにAI技術を用いるためです。

通信業界は、すでに高度にデジタル化されており、メーカーやオペレーション企業間での激しい競争に押されています。通信ネットワークは今後もさらに複雑化し、AIを使った自律型インフラに大きく依存する可能性が高いです。

常に生成、取得、保存される大量のデータが、通信業界にAIを導入するための現段階の重要なイネーブラと言えます。まだ非常にアナログな業界が多い中、デジタル要素の強い通信業界は、スケールの大きい広範囲のデータを扱うことができます。そのため機械に持続的に学習や改善の機会を最大限与え、大規模AIを軌道に乗せるための完璧なインフラを構築することができるのです。*****
では、信頼性や安全性はどのように確保するのでしょか。

信頼性のあるAIを社会へ展開するには、下記の5つの要素が重要であるとレポートは記しています。

  • 責任(RESPONSIBILITY):自律システムの動作の影響について責任を負う特定の担当者が必要です。これは法的救済だけでなく、フィードバックの提供、結果の監視、変更の実施も対象となります。
  • 説明責任(EXPLAINABILITY):なぜその行動がそのようなものなのかを、影響を受ける人(多くの場合は専門家ではない人)に説明できる必要があります。
  • 精度(ACCURACY):エラーの原因を特定、監視、評価し、適切に緩和または除去する必要があります。
  • 透明性(TRANSPARENCY):自律システムによって生成された結果をテスト、レビュー(公開または非公開)、批評および批判することが可能である必要があります。監査と評価の結果は公開され、説明されなければなりません。
  • 公平性(FAIRNESS):データの使用方法は、合理的かつプライバシーを尊重する必要があります。これにより、バイアスを無くして、他の問題のある動作が埋め込まれるのを防ぐことができます。

最近のAIの開発(特に機械学習)は、ユーザーインターフェース、セキュリティー・侵入検知、マーケティング、医療診断、金融取引など多様な分野で進歩を見せています。通信機器は、Alexaなどの音声アシスタント携帯情報端末を広く普及させてきましたが、今後は多くのインダストリーや自宅で人とAIが緊密に連携して仕事をする「オーグメンテッドヒューマン(拡張された人間)」への道を開き続けることでしょう。

新しいレポートでは、医師と看護師がパーソナル医師アシスタントを使ってより複雑な症状に対処したり、弁護士が即座に関連する全判例にアクセスできる未来を描いています。

上記5つの要素を見ると、AIの恩恵を社会のあらゆる場面で共有するには、慎重に移行を管理していく必要があります。私たちはデータによるカスタマイズを期待しています。ヘルスケア分野では、治療のカスタマイズ、教育の場では、教え方やカリキュラムのカスタマイズ、エンターテイメント分野ではカスタムバーチャルリアリティーゲーム、そしてもしかしたら政府もカスタマイズされるかもしれません。勿論たくさんの完全自律走行型の自動車が道路や廊下を走り、人やモノを必要な場所に運んでいる姿も見たいです。

「準備が出来ていようといまいと、AIは私たちの日常生活に影響を与えます。この5つの要素は、信頼できるAIが社会の一部となるためのフレームワークを提供するものです。」とケンブリッジコンサルタンツのシニア技術戦略コンサルタントMichal Gabrielczykは述べています。「AIをネットワークや消費者向けサービスに展開する機会を多く持つ通信業界は、必ず道を開きます。AIに対する消費者からの信頼を築き上げ、素晴らしい未来を実現させることができるでしょう。」

Notes to editors

Cambridge Consultants develops breakthrough products, creates and licenses intellectual property, and provides business consultancy in technology-critical issues for clients worldwide. For more than 50 years, the company has been helping its clients turn business opportunities into commercial successes, whether they are launching first-to-market products, entering new markets or expanding existing markets through the introduction of new technologies. With a team of more than 700 staff, including engineers, scientists, mathematicians and designers, in offices in Cambridge (UK), Boston (USA) and Singapore, Cambridge Consultants offers solutions across a diverse range of industries including medical technology, industrial and consumer products, digital health, energy and wireless communications. For more information, visit: www.CambridgeConsultants.com

Cambridge Consultants is part of Altran, a global leader in engineering and R&D services which offers its clients a new way to innovate. Altran works alongside its clients on every link in the value chain of their project, from conception to industrialisation. In 2015, the Altran group generated revenues of €1.945bn. With a headcount of more than 27,000 employees, Altran is present in more than 20 countries. For more information, visit: www.altran.com

PRESS CONTACTS

Cambridge Consultants

Richard
Leyland
Public Relations Manager
Cambridge Consultants

European agency

Josh
Salisbury