合成バイオは新分野ではあるものの、今後大きな発展が期待されています。合理的な工学的手法をバイオテクノロジーと組み合わせることで、安定した食糧供給や新規抗癌剤の開発など、人類の抱える大きな課題の一部を解決するポテンシャルを秘めています。この20年で技術は大きく進歩し、合成バイオで成し遂げられることに関して世界的に関心が高まっています。しかしながら、未だビジネスの成長に大きくは反映されていません。 

なぜ今の状態なのか、それについて何ができるのかを理解するために、ケンブリッジコンサルタンツは合成バイオ産業の上級幹部および関係者向けのソートリーダーシップワークショップを開催しました。このワークショップの目的は、合成バイオの幅広い商業的成功の達成を妨げる問題点を挙げ、2023年までに問題の解決策を見いだすことでした。ワークショップには、エンドユーザー、製品開発者、ツール開発者および研究者等の利害関係のある領域からの代表者が参加しました。 

本レポートは、実施されたディスカッションの総体的な見解を要約し、どのように合成バイオを成功へと発展させるか、業界のリーダー達から見たタイムリーでユニークな見識を提供するものになっていると確信しています。 

ホワイトペーパー(英語)をダウンロード

Media downloads

Building the business of biodesign (workshop report).pdf