デジタルサービスの 可能性


世界を変えつつある デジタル革命は、 グローバルビジネスにも 変化をもたらしています。 ケンブリッジコンサルタンツは、 デジタルサービスの 革新こそが 新たな 時代を築くと 考えています。

主要サービスを デジタル化し、 顧客に 価値の高い 体験を 提供することは、 産業や 市場に 革新をもたらしています。 これを 実現した企業は、 新たな 収益を獲得し、 新規顧客と より強固な 関係を 構築し、 そして競争や 市場の変化においても、 安定した 地位を 得ることができるのです。

課題


では一体 何から 手を付ければ 良いのでしょうか? テクノロジー開発、 サービス展開、 ビジネス変革を通じて、 デジタル製品や サービスを 生み出すことは 容易ではありません。 市場優位性の維持と 収益向上には、 デジタル革新が 必要不可欠なのです。

デジタル思考が 解決の糸口に なるかもしれません。 デザイン思考は、 エンドユーザー視点で 目標を設計し、 それに応じて 幅広い イノベーションを 活用する方法です。 成功のためには、 市場の洞察、 サービスデザイン、 テクノロジーを 適切に 組み合わせることが 重要となります。

今後の展開


進化し続けるサービスモデル


サービス・イノベーションは、物事をエンドユーザ視点で考えることから始まります。これにより、物理的な製品をサブスクリプションモデルで拡張または置換えたり、パーソナライズしたサービスの提供など、根本的な進歩が生み出されます。

こうしてサービスは記憶に残る体験となり、新しいモデルは、消費者、提供者、及び全ての関係者間の取引に変化をもたらします。

あらゆる要素がビジネスに変革をもたらしますが、中でもユーザーによるアクセス、課金、決済、サービスの有効化と管理などの、技術的側面を考慮することは不可欠です。また、新たなサービスをどのように立ち上げ、段階的に発展させていくかが成功の鍵となります。

ケンブリッジ コンサルタンツは、 市場を変革する デジタル ブレイクスルーを 提供しています

自律運転


最大の価値は、 フィジカルと デジタルの ギャップを 埋める サービスから 生まれるでしょう。 クラウド システムと 連携する AI搭載の コネクテッド デバイスや プラットフォームは、 最も 複雑な タスクを 限られた人間との 介在で 実行することで、 ビジネスに 変革をもたらします。

ロボット車両や、 スマートレジなど、 こうした 自律的 オペレーションの 多くは クラウドの 頭脳によって 制御されています。 これらの システムを 組み合わせて サービスを 構築することは、 デジタル ツインや スマート エッジ技術などの 新たな アプローチを 更に 進化させ、 革新を もたらします。

誰もが 簡単に 操作

ルーティンワークは あまり 好まれません。 週末の 買い出しなども、 できれば 避けたいところです。 だからこそ、 自律型のオペレーションが 考案されたのです。

そして何と言っても、ルーティンワークがなくなることで、利用者の利便性が向上します。さらに言えば、自律性が高いため、デジタルサービスとしての利用も可能となります。

この物理的 かつ デジタル的な 領域は、 革新的な 顧客利便性を 提供するための 中核であり、 当社では 大幅な市場拡大が 見込まれると 考えています。

スマート・ デジタル・ プラットフォーム

スマート・ デジタル・ プラットフォームは、 テクノロジーと 概念的サービスモデルの 双方の 観点から、 デジタルサービスの 考え方を 形成します。 消費者と 提供者にとって 経済面でも 好循環を 生み出します。

これは、 プラットフォームを 様々なデバイスに 拡張し、 デジタルエコシステムを 形成することができる API群の 重要性を 示しています。 ウェアラブル、 ニアラブル、 エッジネットワーク、 フォグコンピューティングなどが これに 該当します。 AIは ますます重要な 役割を果たし、 プラットフォームが 学習・推薦し、的確な判断を下すことにより、 データの持つ 真の意味を 提供できるようになります。

アンビエントインターフェース


サービスが 成功するかどうかは、 人間との 応答性に かかっています。 スクリーンは 大変好まれる 手段であり、 またその他の 視覚的インターフェースも同様です。しかし、 対話型のインターフェースに関する新しい技術と共に、非接触型のイノベーションは加速的に進んでいます。

人間の五感は、 身体の 動きを感じる 前庭覚や、 筋肉の 状態を感じる 固有受容覚で 拡張され、 技術的には ブレイン・ コンピュータ・ インターフェースも 可能になってきています。 当社では、 世界が スクリーン以降の インターフェースとなる、 可能性を 意欲的に 探求しています。 次の段階は 、感情、 気分、 知覚、 ジェスチャーなどを 認識し、 神経科学的な センシングに 対応する ゼロUIです。

人間の感覚、 アンビエント・ インターフェースと デジタルサービスの 未来

これまでも、 多くの人々が 自身の存在意義について 考えてきました。 そして、 ロックダウンが 徐々に 緩和されていく中で、 今後も 問い続けていくことでしょう。 ロックダウンで 隔離されていた期間に、 人間社会の 「当たり前」が 「当たり前」では なくなったのです。

人との触れ合い、 物理的な接触、 広い世界を見聞きし 感じる自由は、 人間にとって 必要不可欠です。 これら人間の 感覚は、 デジタルサービスが 価値を提供する 手段であるため、 この分野に携わる私も 改めて 考える きっかけとなりました。

デジタルヘルス・ サービス


ヘルスケア業界は、 複雑なライフスタイルに 起因した 慢性疾患を 抱える 高齢化社会において、 費用対効果に優れた 価値ある治療法を 提供するという、 大きな プレッシャーに さらされています。

同時に、 新興の デジタルサービス技術は、 コネクティビティ、 モビリティ、 データ生成、 機械学習機能を もたらします。 これにより 新たな 知見や 治療法、 そして 21世紀の ヘルスケア問題への 対応が 期待されます。

デジタルサービスにおける 健全な競争

ロックダウンは すべてを 変えようとしています。 英国の 総合診療医(GP)に 波及している デジタル革命では、 数々の スタートアップ企業が、 イノベーションの 空白地帯に 革新を起こし、 事業を爆発的に 成長させたばかりの 新興企業すら 駆逐し、 一気に加速して 新たな 患者サービスの 市場拡大を 果たしています。

しかし デジタルサービスには、 どれほど 市場価値を 守る効果が あるのでしょうか? 今日の 画期的な イノベーションが、 明日には 汎用化してしまう恐れが あるのではないでしょうか?

デジタルサービスの革新

ケンブリッジコンサルタンツは、デジタルブレークスルーで市場を革新しています。