ビジネスと社会は、コンピューティングの新時代に入っています。シリコンはその限界に近付いており、多くのコンピュータ上の問題は未解決のままです。サステナビリティの実現や、エネルギーを大量消費するコンピュテーションの代替手段を見つける必要性が、社会全体を変えつつあります。

そうした変化への対応策も、生まれ始めています。先端コンピューティング技術は、パフォーマンス、コスト、電力消費を革命的に変化させていきます。当社は、古典的なアプローチと新規シリコンアーキテクチャ、量子、光、生体、ニューロモーフィックコンピューティングが組み合わさった、ハイブリッドな新未来にお客様が備えることができるよう、サポートしています。技術的なパフォーマンスと事業価値は、驚くべき進化を遂げるでしょう。

当社の提供価値

当社は、お客様が目標を達成するために必要な、高度なコンピュータ機能を特定し、それをお客様のニーズに合わせて調整するためのサポートを提供できます。当社は、数十年にわたり、お客様のために世界初のコンピューティング技術を開発し続けており、当社の専門知識は、こうした実績に基づくものです。また、未来の技術に関する実用的な研究にも投資しており、お客様の戦略的計画を支援するとともに、手元の機会を影響力の大きいハイブリッドな製品・サービスへと育て上げるための情報も提供しています。

新規シリコンアーキテクチャ

新規シリコンアーキテクチャは、AIの力を真に活用し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。秘訣はその構造にあります。基本的な電子部品(トランジスタやダイオードなど)のサイズ縮小には物理的な制約があるため、シリコンベースのエレクトロニクスの未来は、層状設計に依存するでしょう。これまで、これらの基本部品は単層のウェハーで製造されてきましたが、近年では、より速く、小型で低価格のチップを実現するため、多層デザインが検討されています。

AI負荷のための超低電力コンピューティングは、ますます重要性を増しています。ケンブリッジコンサルタンツは、この分野における長年の経験を活かし、柔軟で効率的な低電力IPブロック、FPGAソリューション、カスタムASICを可能にするDSPコアを作成するための内部エコシステムの開発に貢献しています。また、チップレットと3D異種統合も積極的に開発しています。

フォトニックコンピューティング

ほとんどのコンピュータは、データを処理するために電子に含まれるエネルギーを利用しています。フォトニックコンピューティングは、これらの電子を光子に置き換え、光波を使用してデータを処理および保存します。光は最速であるため、理論的には、フォトニクスは遅延を最小値に抑える、電気よりも優れたコンピューティング媒体となります。

原理的には、光の速さでビットが移動するため、従来のコンピューティングに比べて10~50倍の帯域幅向上が実現できます。また、処理能力を向上させたい場合、従来の電子コンピュータでは電力供給を増やす必要がありますが、光学コンピューティングではその必要がないため、10倍のエネルギー効率向上が可能です。

この分野におけるケンブリッジコンサルタンツのイノベーションは、医療画像用の光子チップ開発の経験に基づいています。当社は現在、高速で低遅延および低消費電力を実現するためのシリコンフォトニクス集積回路(PICs)の開発に取り組んでいます。

生体コンピューティング

情報を生体細胞に書き込んで保存することは、持続可能で信頼性の高いコンピューティングの発展を加速させるでしょう。CATALOGとケンブリッジコンサルタンツが共同で開発したDNAストレージマシンは、2020年、英語版WikipediaをDNAにエンコードするという画期的な進歩を実現し、速度、スケール、正確性の面で成功を収めました。

生体コンピューティングは、DNAやタンパク質などの生物由来の分子を使用します。ナノバイオテクノロジーの進歩により、生きた細胞をプログラムし、特定の化学的インプットに対して予測可能な方法で反応できるようにする方法が発見されました。初期段階ではコストと労力がかかりますが、その後の数十億個の細胞の育成において非常にコストパフォーマンスが高くなります。

こうした当社の開発事例が示すように、情報をDNAに書き込むことで、非常に安価な方法で、膨大な量のデータを小さく受動的な形で保存することが可能になります。また、この方法は、シリコンよりもエネルギーコストを削減できます。データセンターのエネルギー使用量が4年ごとに倍増する中、生体コンピューティングは、より持続可能な未来を約束するものと言えます。

量子コンピューティング

量子コンピューティングは、電子が、物質粒子または波として同時に機能できる物理現象に基づいています。この特性は、情報をバイナリビット(0または1)の形式で保存および処理するという基本的な発想を変え、代わりにキュービット(0から1までの任意の数)を使用します。粒子は無限の状態のいずれかの数を表現し、無限に異なる方法で他の粒子と相互作用することができます。

量子コンピュータは、従来のコンピュータよりも非常に複雑な問題を、より速く解決できるポテンシャルを有しています。これは、ビジネス上、非常に大きな利益につながることを示唆します。現在当社では、お客様がビジネス化の戦略を計画できるよう、アドバイスを提供しています。可能性の探索から社内理解が得られ、それにより革新的な事例が生まれ、価値のある先発企業という他社より有利なポジションを得ることができます。

ニューロモーフィックコンピューティング

人間の脳の神経系を模倣するという、生物学にインスピレーションを得たニューロモーフィックコンピュータの出現は、驚異的なパフォーマンスとエネルギー効率を約束するものです。ニューロモーフィックコンピューティングは、低電力エッジAIアプリケーションに適しています。スマートビジョンシステムから自律型ロボットまで、価値の高い、あらゆる新規商業アプリケーションの実装に役立つと予想されます。

ニューロモーフィックコンピュータは、従来のコンピュータとは異なり、連続的なデータ処理を使用していません。神経細胞が情報を処理する方法を模倣し、スパイクが1つまたは複数の神経細胞を刺激することで他の神経細胞を活性化します。このアプローチでは、人工のシリコン神経細胞を使用してスパイクニューラルネットワーク(SNN)を形成し、イベントトリガーコンピューテーションを実行します。これにより、特定された一連の神経細胞と相互接続のための、並行およびターゲット指向の処理が可能になります。

超低電力動作は、SNNがほとんどの時間を「オフ」モードで過ごし、変更または「イベント」が検出されたときにのみ作動することで実現されます。一度アクションが開始されると、大量の並行操作(1000以上のCPUが並行して動作するのと同等レベル)がトリガーされるため、電力を大量に消費する高速計算処理をせずに済み、同じワークロードに対するCPU/GPUと比較して、わずかな電力しか消費しません。

当社のサポート

戦略、計画、およびマネジメント

当社の高度なコンピューティング戦略、計画、およびイノベーションマネジメントサービスは、豊富な経験に基づいて提供されています。ケンブリッジコンサルタンツは、これまで60年以上にわたり、コンピュータ技術のパイオニアを務めてきました。新しいプロセッサやSOC(システムオンチップ)の採用から、カスタムシリコンチップやプロセッサの開発まで、様々なブレークスルーを創出しています。

高性能処理とASICs

当社は、独自の知見と経験を活用して、お客様向けに超低電力で低コストのAI対応デバイスとシステムを作成しています。FPGA(フィールドプログラマブルゲートアレイ)を使用した高性能信号処理の専門家として、1秒間に数千億回の計算を実行する計算を実現できます。また、DSPコア作成のための内部エコシステムを活用して、低電力で柔軟なIPブロック、FPGAソリューション、そしてカスタムASICの作成を可能にします。

組み込みシステム

スマートセンサー、クラウドサービス用の安全なインターフェース、遠隔ソフトウェアアップグレード、無線通信を介した送金、および先進的なロボット倉庫の制御システムなどへのアプリケーション開発を行っています。

おすすめのインサイト

専門性

Electronics are central to almost every product we develop – they make a device smart, allow it to communicate with other systems or enable it to perform an action.

Electronic engineering has been a core skill since our inception in 1960 and our technology consultants have been developing ASICs since the late 1980s.

From integrated circuits and embedded systems to power supply and analogue circuitry, CC is an electronic design consultancy that pushes the boundaries of performance, cost, size and efficiency.

We develop optical solutions for a wide range of different applications, including low-noise fluorescence imaging, fibre optic sensing, high-accuracy spectroscopy and interferometry, photonics, opto-fluidics and sensor systems.

We combine sophisticated optical and algorithmic technologies to solve challenging machine vision problems, from monitoring cars through to complex robotic control. Meanwhile, our expertise in microscopy and optical coherence tomography has led to significant breakthroughs in the medical sector.

Our continual investment in state-of-the-art technology and instrumentation, combined with world-class multi-disciplinary expertise, delivers breakthroughs in display and illumination on an increasingly miniaturised scale.

Our expertise in physics and chemistry underpins everything we do. With in-house expertise in materials science and knowledge of the structure and composition of wide range of properties we can ensure that all elements of a system’s design use the most appropriate materials.

We can accurately predict the intricate behaviours of fluids and their interaction with physical surfaces and our microfluidics expertise is crucial to many projects. We’re particularly experienced in phase change materials and the handling of hot and cold fluids for beverage systems.

CC has a deep understanding of AI and its applications. Our expertise spans Bayesian inference, real-time signal processing and data analysis and is combined with extensive technical skills in areas such as predictive analytics, deep learning, edge AI and empathetic AI.

Our consultants are pushing the boundaries of the human-machine interface to develop edge AI use cases, generative AI models, new supervised machine learning models and types of data analytics.

Our work is unlocking new frontiers in areas such as uncrewed aerial vehicles, synthetic biology, remote monitoring systems, telecoms and beyond.

施設

Electronic production

CC’s flexible, responsive and agile manufacturing facilities are ideally suited to electronic and electromechanical product builds, enabling us to rapidly build short product runs to an extremely high quality.

We can build our own PCBAs using industrial representative equipment to ensure manufacturability during design. Having our own EPD facility is also extremely helpful in development, driving out DfX activities in eCAD and feeding test results back into the design process from an early stage.

Optics lab

Our suite of optics labs enable us to build complex and high-precision optical layouts, typically for testing prototype designs and novel techniques before deployment.

Featuring six high-spec optical benches with configurable interlocked controlled areas for high-power (class 4) laser work and specialist facilities for interferometry, spectroscopy, low-noise fluorescence imaging and photon counting.

This space can be split into separate laser-controlled areas, allowing multiple experiments to run simultaneously, giving our optical engineers the capability to develop creative solutions without instrumentation restrictions.

Physical science lab

Our wet and dry labs allow us to perform a wide range of physical science research and development. Specific equipment includes wet and dry benches, fume hoods, malvern mastersizer particle analysis system and UV-VIS spectrometer.

We also have specialised equipment for the detection and chemical analysis of a wide range of organic substances down to parts-per-million levels or below. This allows us to determine the make-up of a very wide range of organic materials in solid, liquid or vapour form and investigate flavour and aroma chemistry.

AI infrastructure

CC’s comprehensive onsite compute infrastructure allows us to explore options and train and test models more rapidly to get better results.

We run petaflop-scale, containerised compute on site, with multiple NVIDIA DGX-1 deep learning supercomputers and other GPU and FPGA-accelerated servers. This links to petabyte-scale local NetApp storage, project-specific cloud and our continuous integration systems.

専門家チーム

ディープテック

新規なテクノロジーや、そのテクノロジーを通じた長期的に持続可能な価値の創出について、ご関心をお持ちでしょうか。

当社はビジネスとテクノロジーが交差する場所での創造性に主眼を置き、お客様の事業を再定義するようなソリューションを創出します。

産業分野

お客様が目指す産業分野に関する深い見識を備え、ブレークスルーをもたらすディープテックを活用できて、価値を創出する活動で確かな実績を持つパートナーが必要です。

お客様の事業分野における当社の実績や、どのような事業上の優位性をお届けできるかについて、ご確認ください。

インサイト

ケンブリッジコンサルタンツの最新のインサイト、アイデア、視点をご確認ください。

ビジネスと社会の将来を形成するディープテックの動向を、最前線の事例を通じてお伝えします。

キャリア

ご自身の能力が評価され、真の差異を産み出せるような仕事に興味はありませんか。

これからキャリアをスタートする方でも、経験豊富な方でも、ぜひご連絡をお待ちしています。