継続的で包括的な健康管理により、人々はより長く健康を保つことができます。また、疾患の早期発見は治療を迅速化します。オミクスと分析は、個別化された健康リスク予測を可能にするため、より良い生活スタイルと予防治療が実現できるようになります。プレシジョン・ヘルスケアは、このビジョンにおける鍵です。

治療が必要な場合、精密診断は病気の進行状態を可視化することで、標的療法を可能にします。統合フォトニクス、デジタルマイクロ流体力学、ゲノムプロファイリングにおける進歩のおかげで、プレシジョン・ヘルスケアの実現は、そう遠くありません。規制された開発分野における、当社の多岐にわたる専門性は、革新的なソリューションを推進し、すべての人にとってより良い結果をもたらします。

当社の提供価値

当社の技術コンサルタントは、工学、物理学、化学、マイクロ流体力学などにおいて世界クラスの専門知識を有しています。こうした専門性は、プレシジョン・ヘルスケアを実現するために必須です。当社は、ターゲットを絞った個別治療や、画期的な次世代診断ソリューションを可能にするため、最新のセンシング、イメージング、およびデータ分析技術を展開しています。

当社は、分子診断と最先端の液体生検技術を通じて、慢性疾患および急性疾患の進行管理に変革をもたらすことができます。

光学

当社は、可視光、近赤外線(NIR)、紫外線(UV)を利用した測定システムを専門としています。当社のチームは、パフォーマンスの最大化を実現させ、低コストのセンサーを高感度センサーに改善し、体内に入れないウェアラブルデバイスなどの革新的な製品に役立つよう、変えることができます。

ケンブリッジコンサルタンツは、ハイスループットフローサイトメーター、生細胞蛍光イメージングソリューション、および細胞の高解像度計算イメージングのためのフーリエタイコグラフィーを含む、細胞を対象とした複数のイメージングプラットフォームも開発しています。当社の専用光学施設では、光学システムの迅速なプロトタイピングと開発が可能です。

マイクロ流体力学

マイクロ流体力学は、物理現象の活用から試薬量の削減まで、ライフサイエンスの多くの分野で重要な役割を果たしています。当社は、マイクロ流体システムの設計、プロトタイピング、製造において幅広い経験を有しています。事例は以下の通りです。

  • 解析および計算モデルを使用した、第一原理に基づくマイクロ流体チップ/カートリッジの設計
  • 先進的な製造技術を活用したプロトタイピングデバイス
  • 表面特性の評価を含む信頼性の高いテスト、個別化医療また精密医療におけるブレークスルーを加速する最先端のバイオセンシング技術の導入

バイオセンシング

精密診断の基礎は、検体やバイオマーカーの直接・間接測定を通じて特定の疾患状態を検出することです。ケンブリッジコンサルタンツでは、化学、生物学、工学に関する専門性を組み合わせ、多様なアプリケーションを対象としたバイオセンシングプラットフォームを開発しています。

当社は分子生物学における最先端の研究をしているため、新規の検体とバイオマーカーを記録的な速さで検出することが可能です。社内で開発した設計、構築、テストツールは、お客様の希望する仕様に沿った、高度に調整可能なセンサーの開発を実現し、当社のバイオテクノロジーとライフサイエンス研究所は、現場での迅速な実験を可能にします。

AI・解析

プレシジョン・ヘルスケアシステムを提供するためには、(モニタリングを通じて収集された)患者データ、診断およびオミクスデータ、そして患者の基礎症状の繋がりを理解する必要があります。当社の専門家チームは、AIやその他の先進的なデータ分析技術を活用して、大規模なデータセットの活用に役立つ知見を提供します。当社のAI、データサイエンス、計算生物学、コンサルティングにおける専門性は、初期の市場調査からシステム全体の実装に至るまで、お客様の事業変革を可能にします。

複合システム

当社では、あらゆるコアサイエンスおよびエンジニアリング分野の専門知識に、システムエンジニアリング技術を融合させることで、完全な統合システムを実現しています。当社のユーザー中心設計は、お客様の取引先にとって魅力のある製品を開発します。また、当社のアジャイルなプロジェクトチーム形成は、ウェアラブル持続センサーや自動ワークフロープラットフォームの開発などをはじめ、ライフサイエンス全体でのイノベーションを加速させます。

おすすめのインサイト

専門性

CC has a deep understanding of AI and its applications, including Bayesian inference, real-time signal processing and data analysis combined with extensive technical skills in areas such as predictive analytics, deep learning, edge AI and empathetic AI.

We are pushing the boundaries of the human-machine interface to develop edge AI use cases, generative AI models, new supervised machine learning models and types of data analytics.

Our work is unlocking new frontiers in areas such as uncrewed aerial vehicles, synthetic biology, remote monitoring systems, telecoms and beyond.

We understand the extraordinary business potential of synthetic biology, as well as how to integrate it. In protein and metabolic engineering, our focus lies in bioengineering. Specifically, in translating cutting-edge AI research into practical applications at a prototype scale, enabling in-vitro growth and comprehensive testing.

We craft custom proteins by modifying their structure and sequence to change their function. We decode existing genetic codes/ ‘recipes’ to guide future designs, storing all variant designs and sequences on the cloud, so we have a library of ‘recipes’ for different applications. We also test variants under diverse conditions to ensure they remain effective and stable for different tasks.

We help synthetic biology start-ups get innovative biodesign products to market and help mature organisations already engaged in synthetic biology to build consistent and predictable processes for the rapid and cost-effective development of new products and services.

We develop optical solutions for many applications, including low-noise fluorescence imaging, fibre optic sensing, high-accuracy spectroscopy and interferometry, photonics, opto-fluidics and sensor systems.

At CC, sophisticated optical and algorithmic technologies solve challenging machine vision problems, from monitoring cars through to complex robotic control. Our expertise in microscopy and optical coherence tomography has led to significant breakthroughs in the medical sector.

Continual investment in state-of-the-art technology and instrumentation is combined with world-class multidisciplinary expertise to deliver display and illumination breakthroughs on an increasingly miniaturised scale.

Understanding and optimising the flow of liquids, gases and heat can be critical design parameters. By understanding how heat will flow and how fluids and gases will interact with the proposed system, the time and cost of iteration and testing can be greatly reduced.

One of the earliest examples of our success in this field is inkjet printing, from which we created numerous spinouts, including billion-dollar companies Domino and Xaar.

Our consultancy teams are adept in nanofluidics, microfluidics and multiphase fluidics, with particular strengths in aerosol generation at a range of temperatures. We’ve also made significant progress in DNA liquid aerosols and nebulisers.

施設

AI infrastructure

CC’s comprehensive onsite compute infrastructure allows us to explore options and train and test models more rapidly to get better results.

We run petaflop-scale, containerised compute on site, with multiple NVIDIA DGX-1 deep learning supercomputers and other GPU and FPGA-accelerated servers. This links to petabyte-scale local NetApp storage, project-specific cloud and our continuous integration systems.

Life science labs

Our suite of restricted class 2 laboratories are specifically designed for the handling and experimentation of pharmaceuticals, licensed substance and biological hazards in a controlled and regulated environment.

Instrumentation rooms are equipped with metrology, microscopy and product test equipment for rigorous verification and quality assurance of prototypes and products.

Synthetic biology labs

Our state-of-the-art bioengineering and molecular biology facility excels in leveraging metabolic and protein engineering techniques to create innovative biological products tailored to our clients’ needs.

Predictive modelling using large language models significantly improves our forecasting of outcomes, feasibility, and costs for bioengineered improvements. AI integration is then used to assess the fitness of variants with intended performance and boosting overall potential and accuracy.

We’ve gained approval for 10 advanced techniques in leading scientific publications, such as the UPT mutagenesis method and software toolkit, which accelerates variant generation. Our platform yields licensable IP, encompassing genetic sequences and enhanced organisms. And our Patsnap platform assesses this IP’s value from $0.3-3 million per discovery.

Optics labs

Our suite of optics labs enable us to build complex and high-precision optical layouts, typically for testing prototype designs and novel techniques before deployment.

Featuring six high-spec optical benches with configurable interlocked controlled areas for high-power (class 4) laser work and specialist facilities for interferometry, spectroscopy, low-noise fluorescence imaging and photon counting.

This space can be split into separate laser-controlled areas, allowing multiple experiments to run simultaneously, giving our optical engineers the capability to develop creative solutions without instrumentation restrictions.

専門家チーム

ディープテック

新規なテクノロジーや、そのテクノロジーを通じた長期的に持続可能な価値の創出について、ご関心をお持ちでしょうか。

当社はビジネスとテクノロジーが交差する場所での創造性に主眼を置き、お客様の事業を再定義するようなソリューションを創出します。

産業分野

お客様が目指す産業分野に関する深い見識を備え、ブレークスルーをもたらすディープテックを活用できて、価値を創出する活動で確かな実績を持つパートナーが必要です。

お客様の事業分野における当社の実績や、どのような事業上の優位性をお届けできるかについて、ご確認ください。

インサイト

ケンブリッジコンサルタンツの最新のインサイト、アイデア、視点をご確認ください。

ビジネスと社会の将来を形成するディープテックの動向を、最前線の事例を通じてお伝えします。

キャリア

ご自身の能力が評価され、真の差異を産み出せるような仕事に興味はありませんか。

これからキャリアをスタートする方でも、経験豊富な方でも、ぜひご連絡をお待ちしています。