量子技術は、ビジネスと社会に変革を起こし、コンピューティング、センシング、通信のあり方を大きく変え続けていくでしょう。しかし、成功するには、適切な場所・手法での適用が必要です。

量子技術は、どのように世界を変えるのでしょうか?これは、簡単に答えられる質問ではありません。第一に、量子技術は、あらゆる問題をすぐに解決するわけではなく、技術の適応は段階的に行われると考えられます。しかし、様子を見ているだけでは不十分です。量子技術が勢いを増す中で、最初にその技術を導入した企業が最も利益を得ることになります。

第二に、量子コアは整合性に依存しています。量子コアが広範なシステムに組み込まれる方法と、それらを活用するために必要なスキル、その両方を理解することが重要です。当社は、量子技術、製品、サービスの商業的な導入をサポートする際に、こうした側面における開発を進めています。

当社の提供価値

当社は、量子ビットまたはキュービット、量子もつれ、量子プロセッサ、量子クラウドコンピューティング、量子化されたエネルギーレベル、量子アルゴリズムをはじめ、お客様が扱いたいと希望されるあらゆる量子関連の領域において、お客様が商機をつかめるようサポートします。

ケンブリッジコンサルタンツは、量子力学における通常とは異なる物理学を、実用的なエンジニアリングや技術開発と融合させることができる、ディープテックコンサルティング企業です。当社の科学者とエンジニアは、量子技術に関する膨大な情報を適切に取捨選択し、お客様のために研究を進め、幅広い機会を積極的に推進します。

量子コンピューティング

量子コンピューティングは、その圧倒的な計算力により、これまでは解けないと考えられてきた問題を解決することができます。量子コンピュータは、古典的なコンピュータとは大きく異なる方法で動作し、そのハードウェアとソフトウェアの仕組みは、従来の情報技術とは全く異なります。そこで、新規開発ツールや、データの読み込み、アルゴリズムの実行方法に対する新しいアプローチが求められます。

量子コンピューティングによる事業利益を実現するのは難しく、成功するにはコンピュータサイエンスへの革命的なアプローチが必要です。量子コンピューティングは、量子重ね合わせの原理に基づいて構築されています。従来のコンピュータシステムでは各ビットは0または1のどちらかですが、量子コンピュータでは「キュービット」が0と1に同時設定できます。キュービット、または量子ビットは、情報の基本単位であり、情報を格納する物理的なオブジェクトです。

こうした話は、直感的に理解できるものではないでしょう。しかし、量子コンピューティングのアプリケーションは、情報の複雑な処理を必要とする計算を高速化し、過去には解決不可能だった科学的な問題を解決できるようにします。当社では、量子コンピュータを基盤とした人工知能、データ暗号化、データセキュリティなどの分野において、革命的な成長があると予測しています。

量子通信とQKD(量子鍵配信)

量子技術は、データの暗号化と伝送に革命を起こすでしょう。量子通信は、量子鍵配信(QKD)というプロセスを通じて、証明可能安全性を保証します。セキュリティ要素を含むQKDシステムを使用した通信がもたらすメリットは、情報セキュリティに変革を起こすでしょう。

では、QKDと量子セキュリティの仕組みとは、どのようなものなのでしょうか?観測されている対象の量子状態は、観測されることにより変化します。したがって、ハッカーがQKDネットワーク上の量子鍵を傍受した場合、その鍵が変化するため、送信者と受信者は妨害があったことに気づくことができます。

セキュリティは物理学によって保証されており、少なくとも原理的には、量子耐性のある通信が可能です。ただし、この物理的事実を実際に活用するのは、非常に難しい作業です。

原理的には利用可能である、完全なセキュリティ対策を、実際に利用できるものとして実現するのは簡単ではありません。短距離でのQKDは比較的容易ですが、実用的な情報システムで必要なスケールでのQKDとなると、はるかに難易度が上がります。また、これを可能にするための量子ハードウェアの開発は、大きな課題です。

ポスト量子暗号学

量子コンピューティングによる革新は、現在の暗号規格の大部分が通用しなくなる、大規模な技術変化を意味します。現在のセキュリティエコシステムを構成している鍵確立メカニズムや認証方法は、時代遅れとなる可能性があります。

では、システムを長期にわたって使用可能なものとし、ポスト量子暗号学(PQC)を次世代のイノベーションに組み込むには、何をしたら良いのでしょうか?

解決策は、ポスト量子暗号学、または量子セキュリティの領域で見つけることができます。こうした重要な技術に関しては、多数の研究が行われています。その前提は、古典的なコンピュータハードウェア上で実行できる、量子コンピュータで可能な計算に対して安全なアルゴリズムを開発することです。

量子センシング

量子センシングは、近年商業的に利用可能なものと比較して10倍、100倍、または1000倍以上もの優れた性能を提供します。まさに、サブ原子レベルでの測定における変革的技術シフトです。

サブ原子レベルの性能を活用すれば、レーダー、ライダー、重力計、磁力計などは、現在利用可能なものに比べて1000倍ほど感度を上げられる可能性があります。これにより、医療技術、製造業、エネルギー、ナビゲーションなどの分野で応用範囲を広げることが可能となります。

これらの量子センシングによる実装を実現するには、厳しい性能水準が必要です。そして、量子センサーからの信号を環境ノイズと区別できるようにすることが、重要な課題となります。量子センサーを現実世界で利用するには、量子の理解と現実的なエンジニアリングを組み合わせる必要があります。

量子技術とは何か?

量子技術に期待されている革新的なメリットを実際に応用するためには、正しい場所に、適切な方法で技術を適応する必要があります。当社は、キュービット、量子回路、量子クラウドコンピューティング、量子化されたエネルギーレベル、量子アルゴリズムなど、難度の高い量子技術の世界をお客様が明確に把握できるようにすることで、サポートを提供します。

量子コンピューティング、センシング、通信分野の短・中・長期にわたる商業的な応用先を特定することは、多くの企業にとって重要な検討事項です。

当社のサポート

戦略的計画とイノベーションマネジメント

既存の量子ソリューションをお持ちのお客様には、それらを他の市場に適応して収益を上げる方法を提案します。また、お客様の市場が量子による影響を受ける可能性があるか、あるとしたら、どのように、いつ影響を受けるのか、対策はどのようにしたら良いのか、などについてのコンサルティングも提供できます。

技術的アドバイスとリサーチ

当社は、お客様が量子ソリューションの実現可能性と価値を把握できるよう、サポートを提供しています。世間には新しい技術に関する様々な情報が溢れ、正しい情報もそうでない情報も入り乱れています。当社の量子技術専門家は、そうした中においてもお客様が正確な選択ができるよう、サポートします。

量子設計

当社は、お客様のビジネスチャンスに合わせて量子ソリューションをカスタマイズし、お客様特有の課題に最適な量子システム要件を特定します。

量子ソリューションの開発

当社の最新ディープテックに対する理解と、破壊的かつ新しいイノベーション開発における実績は、お客様のコア量子技術とサポートコンポーネント技術をレベルアップさせ、完全な量子ソリューションの創造を可能にします。

おすすめのインサイト

専門性

We develop optical solutions for a wide range of different applications, including low-noise fluorescence imaging, fibre optic sensing, high-accuracy spectroscopy and interferometry, photonics, opto-fluidics and sensor systems.

We combine sophisticated optical and algorithmic technologies to solve challenging machine vision problems, from monitoring cars through to complex robotic control. Meanwhile, our expertise in microscopy and optical coherence tomography has led to significant breakthroughs in the medical sector.

Our continual investment in state-of-the-art technology and instrumentation, combined with world-class multi-disciplinary expertise, delivers breakthroughs in display and illumination on an increasingly miniaturised scale.

Our expertise in physics and chemistry underpins everything we do.

With in-house expertise in materials science and knowledge of the structure and composition of wide range of properties we can ensure that all elements of a system’s design use the most appropriate materials.

We can accurately predict the intricate behaviours of fluids and their interaction with physical surfaces and our microfluidics expertise is crucial to many projects. We’re particularly experienced in phase change materials and the handling of hot and cold fluids for beverage systems.

Brilliant designs deserve the best manufacturing solutions.

We can support everything from new product introduction (NPI) to transfer to manufacture. From the outset of each project, we live and breathe design for manufacture (DFM), test (DFT), cost (DFC) and disassembly (DFD) to minimise environmental impact.

We are completely independent of any manufacturer, technology, or design house and free to find and deliver the optimum manufacturing solution.

Our teams scale to meet even the most aggressive time-to-market and product cost objectives. By expertly managing risk, cost, time and quality, we ensure maximum return on investment.

Markets and technologies evolve rapidly and unpredictably. Very few companies can afford to develop all relevant technologies, so tough choices need to be made. We help identify opportunities to ‘build, borrow or buy’ new technologies in anticipation of market requirements.

Business transformation is typically driven by a combination of internal, industry-related, and external factors, often rooted in technology. And whilst technology-based disruption is nothing new, the speed at which new offerings have built scale has been unprecedented.

The expertise we employ as technology strategy consultants has been in existence at Cambridge Consultants for decades. Because our consultants are engineers and scientists with deep technical insight, they can identify golden opportunities and recommend an innovation portfolio or technology roadmap.

We ensure that not only is the technology is understood but that the business model, market offerings and operations are all set up for success.

施設

Optics lab

Our suite of optics labs enable us to build complex and high-precision optical layouts, typically for testing prototype designs and novel techniques before deployment.

Featuring six high-spec optical benches with configurable interlocked controlled areas for high-power (class 4) laser work and specialist facilities for interferometry, spectroscopy, low-noise fluorescence imaging and photon counting.

This space can be split into separate laser-controlled areas, allowing multiple experiments to run simultaneously, giving our optical engineers the capability to develop creative solutions without instrumentation restrictions

Digital lab

With one petabyte local storage and specialised hardware for telecoms chassis design, machine learning development and more, this facility allows us to develop, test and operate new cloud-ready digital services rapidly in a secure environment.

It enables rapid end-to-end prototyping and experimentation of sensitive concepts. We work across the full spectrum of cloud service providers, supporting both public and private infrastructures.

EMC test chamber

Our fully shielded ETS-Lindgren anechoic test chamber is suitable for a wide range of EMC and RF testing, which is essential for new devices.

It allows our consultants to test for unwanted radiation and susceptibility to interference at an early stage. Results can then be fed directly into product design, rather than later on when changes are expensive to implement.

AI infrastructure

CC’s comprehensive onsite compute infrastructure allows us to explore options and train and test models more rapidly to get better results.

We run petaflop-scale, containerised compute on site, with multiple NVIDIA DGX-1 deep learning supercomputers and other GPU and FPGA-accelerated servers. This links to petabyte-scale local NetApp storage, project-specific cloud and our continuous integration systems.

専門家チーム

ディープテック

新規なテクノロジーや、そのテクノロジーを通じた長期的に持続可能な価値の創出について、ご関心をお持ちでしょうか。

当社はビジネスとテクノロジーが交差する場所での創造性に主眼を置き、お客様の事業を再定義するようなソリューションを創出します。

産業分野

お客様が目指す産業分野に関する深い見識を備え、ブレークスルーをもたらすディープテックを活用できて、価値を創出する活動で確かな実績を持つパートナーが必要です。

お客様の事業分野における当社の実績や、どのような事業上の優位性をお届けできるかについて、ご確認ください。

インサイト

ケンブリッジコンサルタンツの最新のインサイト、アイデア、視点をご確認ください。

ビジネスと社会の将来を形成するディープテックの動向を、最前線の事例を通じてお伝えします。

キャリア

ご自身の能力が評価され、真の差異を産み出せるような仕事に興味はありませんか。

これからキャリアをスタートする方でも、経験豊富な方でも、ぜひご連絡をお待ちしています。